FC2ブログ
描いたもの作ったもの色々な置き場
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エア例大祭に参加してきました。

霊夢の胎内に入るための長蛇の列に並んでいたらスタッフが
「霊夢の胎内への最後尾はこちらではありません。」
と言われたんです。
そのスタッフは巨大のゆかりんの口を差して
「あっちのゆかりんのお口の中から入って消化されたあと、
順番にお呼びしますので精巣の中でゆっくりとお待ちくださいね。」

ゆかりんの精巣の中で数時間待たされました。
でもスタッフは
「霊夢の卵子は逃げませんよー。はいそこ、もうちょっと1cm分胎内の奥に着床してねー。
ゆっくりーゆっくりー、ひと月ずつ霊夢の胎内で育ってください。」
というのでかなり時間立ちましたけど、無事霊夢の子宮から産まれました。

=====

例大祭が中止になってしまいましたが、まあこれは仕方有りませんよね。
この度の地震で被災された方が無事立ち直れることをお祈りいたします。

公開終了しました、ありがとうございました
おかげでpixiv初のデイリーランキングに載ることができました
話バックしているように思うけど気にしない

単にシスターを出したかっただけ




珊胡空「三霜!同調行くよ!」
ドンッ

20101116sanso1.jpg

下級妖怪「なん・・・だと・・・三霜法師がどんどん大きくなっている!!」
説明しよう!胡空と三霜は肌を重ね合わせると胡空の力が合わさり、一時的に神の奇跡が起こせるのだ!
三霜「ふふ、小さい・・・えーい」

20101116sanso2.jpg

プチッ
下級妖怪はその靴の下で短い生涯を終えた

20101116sanso3.jpg

・・・


中級妖怪「くそう・・・何だあの化物は・・・バレない内に逃げよう」
胡空「あ、街の中から怪しい妖怪が!」
三霜「あなたが悪事の張本人ね!私堪忍袋の緒が切れました!
 長安修道院仕込みのゲンコツ受けてみなさい!
 聖女清心死想曲!(プリキュアハートキャッチオーケストラ)」

20101116sanso4.jpg

20101116sanso5.jpg

中級妖怪「うわぁぁぁぁ」
どぉぉぉぉん

20101116sanso6.jpg

20101116sanso7.jpg

中級妖怪はみごと鉄拳制裁により滅した・・・だが
三霜「あわわわわ・・・」
どぉぉぉぉん

20101116sanso8.jpg

バランスを崩した三霜の身体は見事に街を押しつぶした・・・

町長「あのシスターのおかげで私の街は廃墟と化した」




20101116sanso9.jpg

幻正三霜~げんしょうさんそう~
長安出身のシスター
このおはなしは彼女がはるか西にある天軸に聖なる教典を取りに行く話である
その道中いろんな苦難に合う(性的な意味でも)

その最たる例が彼女が旅の始まりに契約した胡空という幻獣(性的な意味でも)
日々その幻獣の野蛮な行為に頭を痛ませる日々である(性的な意味でも)
ただそれを悪く思ってない節があるのも確か(性的な意味でも)
よって彼女はその幻獣をしもべではなくパートナーとして扱っている(性的な意味でも)

銃を所持しているがこれは対妖怪専用の銃であり人間に撃っても害はない
あくまで護身用としての意味合いとして持っているので積極的に撃つことはない



西に向かう珊胡空と三霜法師一向は妖魔四天王の一角である銀角金角と戦います。
三霜は金角の鬼術に囚われ、胡空は巨大な銀角にパワーで負けてしまい大ピンチに陥ります。
胡空は街中に身を潜め銀角の出方を待ち、弱点を探ろうとします。
20101116gin1m.jpg

胡空の名前を呼ぶ銀角、その呼び声は挑発だと頭の悪い胡空も分かっています。
20101116gin2m.jpg

しかし「出て来い、このオナニーメスザル」という言葉にキレてしまい
銀角の呼び声に応じてしまいます。
それは罠でした。胡空の身体は強烈な何かに引き寄せられ、
銀角の陰茎の中に収まってしまいました。
20101116gin3m.jpg

精巣の中に胡空を納めた銀角は満足して、金角の待つ家に戻ってしまいます。
その中で銀角の精液になりつつある胡空と金角に囚われた三霜たちの運命は!

続きは次回の講釈で




登場人物紹介

20101116kuugo1.jpg

珊胡空~(さんごくう)~
本編の主人公、元は天界の住人で強大な力を持っていたが日長オナニーばかりしていたので
女神さまが怒りに怒り、胡空を食ってその強大な力を腸で奪いとって、糞としてひり出した。
そしてもう一つの罰として、その糞から自分を解放した者と旅にでろと命じた。
糞は山となり、その山の下で胡空は待ち続けた。

数百年後、一人の少女が胡空を解放したところから物語は始まる。

女神によってかなり力を奪われているものの、戦闘能力だけは高い。その分バカ。
頭のヘッドドレスは三霜から与えられた物であり、お気に入りであり、一番外したいものでもある。
なぜなら、言う事を聞かないとヘッドドレスが胡空の頭を締め付けるから。

武器は如意棒。「May the force with you!」と言えば、いくらでも伸縮可能。

例大祭申し込みました


現在新作の制作に向けてイメージを膨らましてます

MikuMikuDanceを弄りながら

20101107breimu1.jpg
20101107breimu1.jpg
201011073nin_1.jpg
201011073nin_1.jpg

こういうのになるんじゃないでしょうか?多分嘘

201011073nin_1.jpg

霊夢と魔理沙はこれぐらい身長差あってもいいんじゃないかと個人的には思います
俺の霊夢は基本太いです

[広告] VPS


せっかくMikuMikuDanceを弄ってるから、動画も作ってみたテスト
たった数秒の動いているシーンだけだけどね

あー霊夢のおっぱい山登りしてえなぁ・・・

20101114koa1c.jpg
20101114koa1c.jpg
20101114koa1c.jpg
20101114koa1c.jpg
20101114koa1c.jpg
20101114koa1c.jpg

あー、巨大化した小悪魔の足にかかる全体重とその臭いをその身で受け止めながら大往生してえなぁ


メガみぃさんところのじゅんこさんを
個人的改造をしてMMDで撮影してみました

テキストは相当適当です。
Jukesさんごめんなさい。

=============

20101023jun1.jpg

鳥だ!

20101023jun2.jpg

飛行機だ!

20101023jun3.jpg

じゅんこさんだ!

20101023jun4.jpg

ぶべらっ!(太ももで圧死)

20101023jun5.jpg

「カッコよく降りようとしたら、足くじいちゃった!痛いー!」

20101023jun6.jpg




20101023jun7.jpg
空から降りた魔女は乱暴にも手をビルの上から突っ込み、中を探っている。
食事を探しているのだ。
ビルの中で逃げ惑う人々の中、一人の男がその魔手にかかった。
20101023jun8.jpg
「た、助けてくれえ!」
そんな声を聞くわけでもなく、魔女はその男を口へと運ぶ。
20101023jun9.jpg
口の湿り気に男の身体が包まれ・・・
20101023jun10.jpg
ごくん
男は食道を落ち、胃の中に導かれる
20101023jun11.jpg
男はまもなく溶かされるだろう。
そして腸を通り、身体の一部として再構成されるのだ。
20101023jun12.jpg
いや、この身体に宿る仔の養分になるかもしれない。




おい姉ちゃん!どうしちまったんだよ!
いくら姉弟げんかしたからって巨大化して暴れるなんて大人げないよ!

20101013_1.jpg

「君のお姉ちゃんは邪な力に操られているだけですう!」
うわなんだこの淫獣!

20101013_2.jpg

「このままではこの街全ての人間が食われるか玩具にされるですぅ!
 君のお姉ちゃんの中の邪な力の原因を取り除けば元に戻るですぅ!
 それができるのは君だけなんですぅ!!」

20101013_3.jpg

姉ちゃんと喧嘩してしまった俺にも責任あるよ!
協力するよ

「じゃあ目をつぶるですぅ」




20101013unb1m.jpg

うわ、何ココ・・・

「奇跡の力で君と君のお姉ちゃんを異次元に飛ばしたんですう。」

えっ、なんで裸になってんの?

20101013unb2m.jpg

「そんなことどうでもいいですぅ。早くその穴の中に入るです。」

うぁぁ、ヌルヌルして気持ち悪いぃ・・・

20101013unb3.jpg

この変なにおい、癖になっちゃいそう・・・
いやらしい気持ちになっちゃうよう!!

「お姉ちゃんを助けなくないんですぅ?」
そうだった・・・ごめんねお姉ちゃん

「その奥のくぼみに入り込むですう」

20101013unb4.jpg




20101013egg1.jpg

なにこれ・・・
「それがお姉ちゃんの混元です、早くその中に入るですぅ」

20101013egg2.jpg
20101013egg3.jpg

ぷちゅん・・・
あれ、身体が溶けていく・・・

「終わったですね。じゃあバイバイですぅ。」

ちょっと、出られないんだけど、俺どうなっちゃうの?

「10ヶ月後にちゃんと産まれるから大人しくしてるですぅ。」

産まれるって、どういうこと?!

「君のお姉ちゃんは弟の君との子供が欲しがってたのでちょっと僕が手を貸してあげたですう」

それお前が根本的原因じゃねえか!

「じゃあ、今度こそバイバイですぅ・・・」

20101013egg4.jpg

姉ちゃん・・・こんなんでよかったのかよ・・・

『ごめんね・・・』

俺こそごめん・・・こんなことになって・・・
姉ちゃんが元に戻っただけでもよかったよ・・・

『ちゃんと元通りに産んであげるね』

お願い・・・姉ちゃん・・・




20101013bt1.jpg

10月後、俺はちゃんと育っていた。
姉ちゃんは肌は元には戻ったけど・・・大きさは巨大のままだった・・・

20101013bt2.jpg

ひょっとして、産まれる俺も巨大化のままなの?!
ちょっと姉ちゃん!

「大丈夫、案ずるよりも産まれるが易しよ」
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 なげっつ all rights reserved.
プロフィール

なげっつ霧華

Author:なげっつ霧華
どこにでもいる変態です
PIXIV

FC2カウンター

最新記事
twitterプラグイン

ちょっとはみ出てるけど仕方ないね

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。